全米女子オープン出場経験のある女子プロゴルファー澤田知佳選手

澤田知佳,女子プロゴルファー,ゴルフ,アマチュア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

2018年にプロテストに合格したゴルフ界で注目を集めている選手がいます。それが澤田知佳選手です。澤田選手は全米女子オープンにアマチュアとして出場しています。今回はこれから女子プロゴルフ界を代表する選手になるであろう澤田選手について紹介していきます。

澤田知佳,女子プロゴルファー,ゴルフ,アマチュアhttp://irodori-terrace.com/athletelibrary/7203/

 

澤田知佳プロフィール

 

生年月日:1998年8月29日

出身地:北海道

高校:ルネサンス大阪高校

血液型:B型

得意クラブ:ウェッジ

ゴルフを始めた年齢:9歳

目標とする人:ポーラークリーマー

2018年にプロテストに合格しました。後述で登場する数々の実績があるのですが2017年はプロテストの2次予選で落選してしまいました。2次予選落選後のステップアップツアーで優勝すればプロテストの2次予選を免除されました。しかし残念ながら3位という結果に終わってしまい2018年のプロテストに再チャレンジすることになりました。

皆さんもこの記事を通してプロテストの仕組みやプロテストにも注目してみてください。

澤田知佳,女子プロゴルファー,ゴルフ,アマチュアhttps://www.lpga.or.jp/members/info/1003056

 

プロの試合へ出場する

 

澤田知佳選手がプロの大会へ参加する機会が多くなったのは2016年からです。高校3年生の代になり、進学はせずゴルフで食べていくと心に決めたから吹っ切れたのでしょうか。参戦したての「ニチレイレディス」では主催者選考会へ参加し見事首位通過を果たしました。この当時まだレギュラーツアーへの参戦は4試合目でしたがインタビューではしっかりと受け答えしていました。「プロとアマチュアでは経験値が違います。でも、練習の仕方も違って参考になります。練習場でショットの練習方法やアプローチやパットの練習方法もアマチュアとは大きく違うところがあるので参考になります。」とのことです。

アマチュアのトップレベルとプロのトップレベルでは大きく異なりますよね。全米女子オープンへの出場権を持つアマチュア高校生ゴルファーということで注目を集めることになりますがここまで冷静な受け答えができるのには脱帽ですね。澤田知佳選手のゴルフの特徴ではドライバーの飛距離が少し物足りないというところです。ドライバーの平均飛距離は220〜230ヤード程度です。飛距離が足らない分何でカバーするかといえばアプローチやパターといった小技です。

澤田知佳,女子プロゴルファー,ゴルフ,アマチュアhttps://news.golfdigest.co.jp/jpga/5116/photo/detail/?imageId=131756

 

全米女子オープンへの出場

 

澤田知佳選手は全米女子オープンにアマチュア選手ながら出場したことで一気に注目を集めました。17歳という若さで世界最高峰の女子ゴルフ選手権大会への出場を決めたことは衝撃的でしたね。この全米女子オープンの出場は主催者推薦ではなく日本地区予選を戦い抜いて決まります。

2016年5月30日から茨城県・大利根カントリー倶楽部の東コースと西コースの36ホールマッチという強行スケジュールで行われました。前日にはLPGAツアー「リゾートトラストレディス」が開催されていて、ツアーに参加して予選会へ参戦する選手もいればツアーを見切り、予選会へかけて全米女子オープンを目指す選手もいました。澤田選手の他にも佐藤絵美プロ・原江里菜プロ・松森彩夏プロがいましたが腹プロはツアーを休み予選会へかけていた一人です。松森プロ・佐藤プロも卒なく上位入賞を果たし全米女子オープンへの出場権を確保できたのですが澤田選手はプレーオフにまでもつれてしまいました。

プレーオフには澤田選手の他に堀琴音プロ、澤田選手と同じアマチュア選手の松原由美選手が参加していました。松原選手は澤田選手と同じで高校生アマチュアゴルファーです。また堀プロは20歳と若い選手たちの活躍が目立った予選会となりました。プレーオフを制した後の澤田選手の感想としては「大好きなポーラクリーマープロに会えるのが楽しみ」とのことでした。ポーラクリーマープロは帽子にピンクのリボンをつけていることが有名です。澤田選手もポーラクリーマープロにならって同じようにピンクのリボンをつけるようにしています。

2015年にはアメリカ・フロリダ州にあるIMGアカデミーで2週間のゴルフ合宿を敢行しました。この合宿を振り返りトレーニングの内容がすごかったので体力がついたと振り返っていました。またアプローチも以前よりよい感覚で打てるようになったと振り返っています。この練習が全米女子オープンへの道を切り開いたのではいないでしょうか。

澤田知佳,女子プロゴルファー,ゴルフ,アマチュアhttp://livecap.info/golf957/pipipiga.php

 

お父さんとの関係や家族

 

澤田知佳選手はお父さんの影響でゴルフを始めたそうです。お父さんの名前は真左也さんといいます。ティーチングプロをしているようで自宅内にゴルフを教えるプロがいるとスコアも上がるものだなと感心してしまいます。このお父さんはティーチングコーチとして澤田選手を教えているだけでなくキャディとしてツアーへも帯同しています。しかし、この澤田家は普通のゴルフ家庭とは違いました。澤田選手の環境を整えるために家族一同で引越しをしてしまうのです。もともとは北海道の札幌市にいましたが母親の地元である大阪府内へ引っ越しゴルフに集中できる環境を整えました。やはり北海道では雪が降ってしまうので冬季の間ゴルフをするのに適さないことや移動をするときには必ず航空券が必要になり移動費だけでも高額になってしまうのが原因ではないかと推測できます。

高校は通信制を採用しているルネサンス大阪高校に通っています。ルネサンス高校は通学をする必要がなく自由な環境で勉強できるのが校風の学校でツアーや練習等で忙しい澤田選手にはこの学校がぴったりだったのではないでしょうか。またルネサンス高校の運営には大手通信会社のソフトバンクが株主としているので澤田選手がプロになった際にはスポンサーとして手を上げてくれることがあるかもしれませんね。

お父さんと二人三脚をしている女子プロゴルファーは多いです。そこで気になるのは親子で意見が食い違った時などです。普段の生活とは異なりゴルフの現場では澤田選手も自分の成績をかけて戦っています。それなのでキャディーとはいえお父さんと言い合うことも少なくないようです。

一般的に17歳や18歳でお父さんとツアーに参戦していること自体凄いことだと思ってしまいます。やはり反抗期や思春期など若い女性でも多感な時期ですからね。そんな時期に自分の気持ちをコントロールして試合に臨んでいる澤田選手は凄いと思います。

澤田知佳,女子プロゴルファー,ゴルフ,アマチュアhttps://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/photo/46685/1/84477/

トップ画参照:https://news.golfdigest.co.jp/jpga/5463/photo/detail/?imageId=148353

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る