レギュラーツアーへの復帰に期待!元スター選手・北田瑠衣プロ

北田瑠衣,女子プロゴルファー,ゴルフ,女子ゴルフ,プロゴルフ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

2017年のツアー開催時にはあまり注目されていませんでしたがある有名女子プロゴルファーが下部ツアーへの参戦をしていました。北田瑠衣プロです。北田プロは2018年現在で37歳になります。プロ生活は17年目でLPGAツアーのシード権は11年間守り続けました。そんな北田プロもシード権を落としてしまうそれがプロゴルフの世界です。北田プロの挑戦や過去の成績について振り返りたいと思います。

北田瑠衣,女子プロゴルファー,ゴルフ,女子ゴルフ,プロゴルフ

https://www.lpga.or.jp/members/info/1000585

 

☆★☆北田瑠衣プロフィール☆★☆

所属 フリー

出身地 福岡県福岡市

生年月日 1981年12月25日

入会期 2002年9月1日 74期生

契約

クラブ:ダンロップ

ボール:ダンロップ

ウェア:ヒールクリーク

シューズ:アシックス

身長 160cm

体重 54kg

血液型 B型

出身校 折尾女子経済短期大学中退(福岡県)

プロテスト合格日 2002年8月9日

スポーツ歴 水泳

趣味 ピアス集め

好きな色 白 黒 赤

ゴルフ歴 11歳~

師弟関係 吉川進 谷将貴

各賞受賞 ’05LPGA大賞 ’04LPGA敢闘賞

北田瑠衣,女子プロゴルファー,ゴルフ,女子ゴルフ,プロゴルフ

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20170330-00069313/

 

1.練習するのも嫌になる

北田プロはLPGAのシード権を11年守り続けてきた一流選手です。ツアーでも通算6勝していて実力派十分だと思います。しかし、2010年「Tポイントレディス」以降優勝には恵まれていません。

インタビューで11年間守り続けたシード権を失ったことに関してインタビューされていたのでその記事を参照にしながら北田プロの人間性についても触れていきたいと思います。

まず、LPGAのツアーでは年間獲得賞金金額に応じてつけられる賞金ランキングがあります。そのランキングである一定数字以上の選手には翌年の年間シード権が与えられるのです。北田プロは2016年のか獲得賞金ランキングが70位と振るわずシード権がなくなってしまいました。

北田プロはシーズンオフの間、トレーニングする意味があるのかどうか悩んだそうです。LPGAツアーには出られないし、推薦出場の誘いもなかったのが原因でした。

後述にも登場しますが2017年度には6試合のレギュラーツアーに推薦出場することができました。

北田瑠衣,女子プロゴルファー,ゴルフ,女子ゴルフ,プロゴルフ

https://www.lpga.or.jp/members/info/1000585

 

2.テレビレポーターもする北田瑠衣

選手として活動するか悩んでいた北田プロですがゴルフ競技に引退はないと考え直して2017年「ヨコハマタイヤPRGRレディス」ではテレビ中継のレポーターを経験しました。この背景には下部ツアーだけの参戦だとレギュラーツアーでの感覚が鈍ってしまうと北田プロが考えていることがありました。下部ツアーに参戦するということはレギュラーツアーともさほど違いがないように思えますが練習だけして下部ツアーに参戦するのとレギュラーツアーを間近に見ながら他選手のプレーを見るのでは大きく違うのでしょう。

さらには11年間守り続けたシード権の中で出会ったたくさんのゴルフ関係者の中で北田プロの現場を見かねて仕事を振ってくれる人もいて、その人達からもらえる仕事をしっかりとこなしたいという思いもあったのです。

シード権をなくしてしまうと現実を受け入れることが難しくなってしまう選手が多いなか北田プロはしっかりと現実を受け入れて前を向いていることがわかりますね。ここでもし北田プロが悲観的になり全ての仕事に適当にこなしていたら北田プロを信じて仕事を振っていた関係者の人もがっかりしてしまいましたよね。

一時は練習をする意味がわからないところまでメンタルが落ちてしまった北田プロですが支えてくれる人のためにも練習をしようと思い直したのでした。

北田瑠衣,女子プロゴルファー,ゴルフ,女子ゴルフ,プロゴルフ

http://www.pargolf.co.jp/tour/LPGA/6435/news/round/1/detail/108926

 

3.2017年度の新しい制度と北田瑠衣

2017年度の結論からすると北田プロはレギュラーツアーへの復帰はできませんでした。結果はレギュラーツアーへ6試合参戦して全て予選落ちをし、ステップアプツアーでは3試合参戦して最高順位が32位でした。

2017年度の成績はもとよりですがスコアも少し残念な結果になりました。アンダーパーが2回しか出ていないのです。成績は他選手との兼ね合いもあるので一概には言えませんがスコアは数字で評価されるのである種のバロメーターになります。

ステップアップツアーは2017年度からステップアプツアーでの賞金ランキング1位の選手に翌年度のレギュラーツアー参戦権利を付与することになりました。この制度改正について北田プロは「1人しか恩恵を受けることができないので、私はそこを狙うよりも上位に入ることが大切」と冷静に分析していました。一度良い環境にいて自分の最高のゴルフがレギュラーツアーでも通用するとわかっているのに自分の状況を分析できている北田プロはまた必ずレギュラーツアーに帰ってきてくれることでしょう。

 

トップ画:http://www.pargolf.co.jp/tour/LPGA/7011/gallery/photo/165384

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る