おばば会会長経験もある斉藤裕子プロの勝つための努力や考え方とは

斉藤裕子,女子プロゴルファー,おばば会,女子プロゴルファー,ベテラン
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

斉藤裕子プロは女子プロゴルファーのベテラン勢で構成される「おばば会」の会長経験者です。

おばば会とは35歳以上のLPGA会員が入会対象で、年数回の食事会をしています。ベテラン勢どうしの交流を深めておくことで若手だけではないことをおばば会を通して日本全国へ発信してくれることでしょう。

おばば会のメンバーや斉藤裕子プロが勝つためにどのような努力をしているのかについても紹介していきます。

斉藤裕子,女子プロゴルファー,おばば会,女子プロゴルファー,ベテラン

https://www.lpga.or.jp/members/info/1000323

 

斉藤裕子プロフィール

所属 フリー

出身地 栃木県那須塩原市

生年月日 1967年9月13日

入会期 1990年11月1日 62期生

契約 ボール:タイトリスト

身長 163cm

体重 60kg

血液型 O型

出身校 矢板中央高等学校(栃木県)

プロテスト合格日 1990年10月4日

スポーツ歴 陸上

趣味 ショッピング

好きな色 ブルー

ゴルフ歴 14歳~

ホールインワン 3回

斉藤裕子,女子プロゴルファー,おばば会,女子プロゴルファー,ベテラン

http://www.pargolf.co.jp/player/gallery/1276/128892

 

おばば会とは?

現在の日本女子プロゴルフ界でLPGAツアーでシード権を獲得している選手に面白いデータがあります。シード選手の年齢区分を作ると平均年齢20代以下の選手が全体の74%を占めています。残りの26%は30代以上です。

女子プロゴルフ界の若年化が進んできているのはわかりますよね。この女子プロゴルフ界の中でも35歳以上の選手で構成される「おばば会」というものがあります。おばば会には斉藤裕子も参加しています。しかも斉藤プロは2015年のおばば会会長をしているのです。

では、おばば会とはどういった会なのでしょうか。結成は2012年です。入会資格は35歳以上であること。これだけです。活動内容は年に2回〜3回の食事会です。

2012年に藤野オリエプロ、茂木宏美プロ、表純子プロが食事会を開いていた時にトーナメントで活躍する若年層の話題になりました。まだまだベテラン勢も頑張っているところを見せたいねという話もしていておばばたちで集まる会を開こうという話になり会が実現しました。

シードを獲得していなくてもこのおばば会に入ることはできますが、シード選手で35歳以上の選手はたった4人です。ベテラン勢にもまた頑張って欲しいですね。

斉藤裕子プロは2014年に行われた第二回ALBA定期購読者限定プロアマトーナメントに参加しました。女子プロゴルファーだけでなくスポーツ選手はファンに支えられています。定期的にプロアマ戦などファンの人と近い距離でファンサービスするのは大切です。前述のおばば会のメンバーもそうですがファンの人と関わることに積極的な選手は増えてきてほしいですね。

斉藤裕子,女子プロゴルファー,おばば会,女子プロゴルファー,ベテラン

https://www.lpga.or.jp/members/info/1000323

 

自己分析と勝つための努力

斉藤裕子プロは2009年に優勝しています。優勝時に41歳だった斉藤プロは若い選手が活躍する中で若い選手と戦うために体と技術のコンディションを整えることが大切だと語っていました。そのため斉藤プロはアニカソレンスタム選手や宮里藍プロの指導をしているピア・ニールソンコーチに2002年から指導を受けています。毎年オフにアメリカへ行き指導を受けているようで技術面のコンディションを整えているようです。

また自己分析も欠かしていません。斉藤プロは自分のゴルフの強みを「正確性のプレートテンポ」と話していました。2018年は今まで以上に活躍しておばば会から久しぶりのツアー優勝者を出して欲しいですね。

 

トップ画出典元:https://www.lpga.or.jp/members/info/1000323

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る