お父さんの支えもありプロゴルファーに!新海美結プロの生活にも迫る

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

おっとりした顔立ちでも2017年度の賞金ランキングは39位で賞金シードを獲得したのが新海美優プロです。大分県出身で2016年から大活躍している注目株な女子プロゴルファーです。

2018年もレギュラーツアーで活躍してくれるであろう新海プロについて一緒に勉強していきましょう。

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー

http://www.alba.co.jp/tour/column/article?title_id=21&id=6480

 

新海美優プロフィール

所属 広島CC

出身地 大分県大分市

生年月日 1995年11月14日

入会期 2014年8月1日 86期生

契約

クラブ:ダンロップ

ボール:ダンロップ

ウェア:KJUS

シューズ:ダンロップ

身長 162cm

体重 58kg

血液型 O型

出身校 大分高等学校(大分県)

プロテスト合格日 2014年7月31日

好きな色 ネイビー

ゴルフ歴 9歳~

師弟関係 父

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー

https://www.lpga.or.jp/members/info/1002915

 

4スタンス理論との出会い

2014年に高校卒業後すぐプロテストに合格した新海プロですがプロ合格1年目の2014年とその翌年はツアー参戦は1試合で予選落ちという結果でした。

しかし、2016年は31試合へ参戦し最高順位16位タイを残します。そして2017年には前述の賞金ランキング39位で賞金シード権を獲得したのでした。この飛躍した2016年、2017年に何があったのでしょうか。

新海プロへのインタビュー記事があったのでそれらから解析していきたいと思います。

まず、2016年は「体幹トレーニング」と「4スタンス理論」を徹底的に行ったそうです。体幹トレーニングはアマチュアゴルファーの人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。体の軸がぶれないようにインナーマッスルを鍛えることです。

それに比べ4スタンス理論はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。新海プロはこの4スタンス理論を勉強し始めた結果2017年度は開幕戦から7試合連続で予選を通過することができました。また予選通過だけでもなく優勝争いにも絡むほどにスコアが向上しました。

新海プロも実感しているほどのスイングの変化があり「打っている感覚が以前と異なります。スイング中に体が浮いてしまう癖があったのですがそれも改善されました。」と振り返っているほどです。

4スタンス理論を提唱している廣戸コーチは次のように語っています。「女子は男子のように力がないです。その結果強いインパクトを作るよりも動きが止まらずにスイングできるようにすれば良い」

この考え方は今までになかった考え方としてゴルフ関係者たちに刺激を与えました。

新海プロにとって合っていた練習方法で開幕戦から前半戦にかけては調子が良かったですが、後半戦になると体の使い方がわからなくなってしまってスイングがバラバラになってしまったからだと新海プロは反省しています。2018年のシーズンに向けて4スタンス理論を再び勉強する新海プロの姿がシーズンオフにありました。

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー

https://www.lpga.or.jp/members/info/1002915

 

ゴルフを始めるきっかけ

新海美優プロがゴルフを始めたのは8歳のときです。当時、女子プロゴルフ界は宮里藍プロと横峯さくらプロが躍進していました。この二人のプロでも新海プロは宮里プロのショットを間近で見る機会がありました。そのショットに感動したのもありますが宮里プロがギャラリーをたくさん連れて歩いている姿に衝撃を受けたと振り返っています。そのことがありプロゴルファーを目指すようになったと言います。

小学校は地元の公立小学校でしたが中学校か小学校高学年のときに小中一貫校へ転校しています。

2008年には中学校1年生ながら大分県ジュニアゴルフ選手権で優勝しました。他にも日本ジュニアゴルフ選手権で2008年4位、2009年4位、2010年優勝という成績を残しています。

高校は大分高校へ進学しました。高校での主な成績は2012年「全国高等学校ゴルフ選手権春季大会」3位、2013年「日本ジュニアゴルフ選手権」2位、2013年「九州ジュニアゴルフ選手権」優勝という成績です。

中学生でも高校生時代でも新海プロに共通することがあるのを皆さんはわかりますか?そうです。年々成績が上がっているのです。

前年度のゴルフで大きな舞台を目標に練習をし、調整することで自分の試合に対する向き合い方を学ぶことができます。そしてその結果で反省すべき点などを勉強してくのがジュニアゴルファーです。新海プロはそれができていると明言して良いレベルです。

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー

https://golfes.jp/ok-20170806-3/

 

お父さんの存在

そんな新海美優プロを育てた両親はどのような人物なのでしょうか。新海プロのお父さんの名前は「洋美」さんというようです。

父さんはプロゴルファーでもゴルフインストラクターでもないですがハンディキャップが4程度の片手シングルプレーヤーです。年齢は2017年の段階で75歳と少し遅めの子供だったようですね。

前述で紹介した体幹トレーニングや4スタンス理論はプロテスト合格後、ツアーで活躍するための練習ですがゴルフを始めてジュニアゴルファーとして活躍して良いたときからプロテストに合格するまではお父さんの指導で上達していました。ゴルフの師匠は父親とまで新海プロは思っているようで関係性の強さが伺えますよね。

また思春期は誰にでもあったと思います。親子二人三脚でゴルフをしていると思春期や反抗期で関係性が崩れてしまうことがありますが、新海プロの家庭ではそういうことはなく逆のことがあったようです。

新海プロはお父さん想いで「お父さんのために良い成績を残したい」という想いでゴルフをしていたそうです。こう言う想いを聞くだけでお父さんは嬉しいでしょうね。

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー

http://www.alba.co.jp/photo/woman/detail?pid=13647&plfid=01682

 

そろばん資格も持っている

新海プロはそろばん検定も保持しています。三段の腕前がゴルフとどのように関係するのかと思う人もいるでしょうがヤーデージ計算です。そろばんに小さい時から親しんでいたので暗算が得意になっており、キャディさんも顔負けなほどヤーデージ計算が早く正確なのです。

新海プロは休日に映画鑑賞をすることが多いようです。洋画か邦画とすると邦画を見ることが多いそうです。そして感動した映画は「美女と野獣」だそうです。

2017年のゴルフを振り返ってみてグリーン周りの精度が上がったことによってセーブ率が上がったことでスコアアップにつながったと分析しています。

プレー中に意識していることとしては短気なので切れてスコアが乱れるようなことがないようにしているようです。ゴルフだけでなく運転などでもそうですが短気な人はすぐに怒ってしまいますよね。

年間を通して印象に残っている試合は「ニチレイレディース」だったようで優勝争いに絡んで2位タイとなりましたが優勝できなかったことをすごく悔やんでいました。

2位という順位に甘んじることなく2018年には初優勝を目指して頑張って欲しいです。

新海美結,女子プロゴルファー,ゴルフ,賞金ランキング,お父さん,レギュラーツアー

https://www.lpga.or.jp/library/info/7751

トップ画出典元:https://www.lpga.or.jp/members/info/1002915

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る