ゴルフ歴では大ベテラン!福岡美人の新鋭、種子田香夏選手

種子田香夏,ゴルフ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

2015年にプロへ転向したばかりの種子田香夏選手。珍しい苗字ですが「タネダ」と読み鹿児島県に多いお名前だそうです。実はプロになる前から、ジュニア~学生の大会で活躍してきた種子田選手。ゴルフ歴では大ベテランですね!今回はそんな22歳の新鋭、これからの活躍が楽しみな種子田香夏選手をご紹介します。

種子田香夏,ゴルフ

http://www.pargolf.co.jp

 

<プロフィール>

名前:種子田香夏

所属:フリー

出身地:福岡県福岡市

生年月日:1995年4月25日

身長:158cm

体重:55kg

血液型:A型

出身校:沖学園高等学校(福岡県)

プロテスト合格日:2015年7月31日

入会期:2015年8月1日 87期生

趣味:アウトドア

好きな色:緑 青 白

ゴルフ歴:7歳~

契約:クラブ・ボール・ウェア・シューズ – キャロウェイ

生涯獲得賞金:398位 ¥15,494,357

 

7歳でゴルフデビュー!ナショナルチーム合宿への参加

7歳のときにお祖父さんがクラブセットを買ってくれ、一緒に練習するうちにゴルフが大好きになっていたという種子田選手。他の習い事は続かなかったのに、不思議とゴルフは飽きなかったそうです。現在でもオフにはお祖父さん、お父さん方と「親戚ゴルフ」を楽しまれているようで本当にゴルフが大好きな仲の良いご家族なんですね。

 

初めて競技大会に出場したのは小学4年生の時だそうです。その後ゴルフの素質をぐんぐんと伸ばした種子田選手は、2007年の第1回全国小学生ゴルフ大会女子の部で早くも優勝を果たしました。その頃から、不動裕理選手などの活躍を見て「トッププロになりたい!」と思っていたのだとか。若干小学4年生の女の子が「トッププロと一緒にラウンドしたい」「大好きなゴルフでお金や車を貰いたい」というビッグな夢が描けるなんて、天性の器もとってもビッグですね!

高校は福岡県のゴルフの名門、沖学園へ進学しました。在学中は団体戦で2度の優勝を収め、2年生の時には2012年後期JGAナショナルチーム候補選手として合宿に参加されるなどの活躍をされています。そして高校卒業の2014年、ファイナルQT26位にランクインしTPD非会員単年登録を受けて2015年のツアーへフル出場を果たしました。その2015年7月にはプロテストにも合格されています。

 

得意なクラブ、大会での見せ場!

「結構飛ぶんですよ」と自負するドライバーは種子田選手の得意なクラブです。昨シーズンのスタッツでもドライビングディスタンスは235.8000(42位)と、大会でも強い武器になっています。子どもの頃も「身長が低くてクラスでも前の方だったのに飛距離は結構出ていた」そうで、もともとドライバーショットのコツを掴む独自のセンスをお持ちなんですね。

パターについても種子田選手は、雑誌を読むなどして自分なりに実践と研究を繰り返してきたそうです。中でも、「 5Mのパットは毛先ほどの運 」という青木功プロの言葉に出会ったことでパッティングに対する気負いが楽になったそうです。「練習しないと!という気持ちは変わりませんが入ったときは運がよかった、外したときでも運が悪かった、と少し思えるようになった」と言います。

実は種子田選手は、2015年に出場したツアー27試合のうち12試合で予選を通過されましたが、そのうち6試合では1打のみ上、4試合ではカットライン丁度で、という計10試合での予選滑り込み通過!!を遂げたため、選手仲間から「ギリギリのギリ子」と呼ばれた、というエピソードをお持ちです。

しかし、そういう時こそ「ギリギリならまだいける!」と考えて最後まで頑張り通せたりバーディーが来たりする、と語る種子田選手。なので「ピンチの時に入るパット」はご本人的には試合の見せ場!注目して欲しいポイントなのだそうです。

そう思えるのは、ゴルフ自体を楽しまれているからなのでしょうね。そして同時に子どもの頃から何度も試合に出てきて培われた勝負勘やメンタルの強さがあるんだなあと感じます。

種子田香夏,ゴルフ

http://www.sponichi.co.jp

 

念願のトップ10と3年目の試練を乗り越えて

昨シーズンは4月のスタジオアリス女子オープンを9位タイでフィニッシュした種子田選手。プロ転向から先ず目標としていた、初のトップ10入りを果たしました。しかしシーズン終盤には、まさかの3rdQT落ちとなってしまい結果的に試練のシーズンにもなりました。最終124位とQT落ちが確定した直後は、泣くだけ泣いて、ショックから立ち直るのに立ち止まる時間が必要だったそうですが、「初心に戻ってやりなおそう。まだ終わりじゃない!」と、また今シーズンに向けてオフのトレーニングを積極的にこなしてこられたようです。今シーズンの主戦場はステップアップツアーになりますが、昨シーズンの悔しさをバネに巻き返しの1年にして欲しいですね。22歳とまだお若いですが、賞金ランクも狙える経験と実力を間違いなくお持ちですし、大会でもまた良い結果を積み重ねていけば、レギュラーツアーへの再参戦を果たす日も遠くないと思います!

種子田選手の福岡弁のかわいらしいコメントや笑顔、キャロウェイのトータルコーディネイトの着こなしも引き続き楽しみです!カップを掴む夢に向かって進む種子田選手を今シーズンも応援しています。

種子田香夏,ゴルフ

https://news.golfdigest.co.jp

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る