怪我でゴルフをやめようとも思った!今はゴルフが楽しい中山三奈プロ

中山三奈,ゴルフ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

坂田塾出身の中山三奈プロは怪我で苦しんだ際にはゴルフをやめようとまで考えたそうです。怪我から回復するとゴルフが楽しくなり一転したので、怪我の功名と言えますね。海外の試合経験が豊富で英語なども堪能です。2020年オリンピックでの活躍も期待できます。

さらにステップアプツアーですがすでに1勝していてこれから多くの大会で活躍することが期待されています。

中山三奈,ゴルフ

http://mycaddie.jp/photo2.php?GID=183&PID=844

 

中山三奈プロフィール

所属 東広野GC

出身地 兵庫県神戸市

生年月日 1990年9月2日
契約

ボール:ダンロップ
シューズ:アシックス

身長 157cm

体重 50kg

血液型 A型

出身校 滝川第二高等学校(兵庫県)

プロテスト合格日 2009年7月31日

入会日 2009年8月1日(81期生)

スポーツ歴 水泳

趣味 旅行

好きな色 ネイビー ホワイト ピンク

ゴルフ歴 8歳~

師弟関係 坂田信弘

中山三奈,ゴルフ

http://www.alba.co.jp/photo/woman/detail?pid=4188&plfid=01189

 

ゴルフをやめようと思った

中山三奈プロは怪我で苦しんだときにゴルフを辞めてしまおうかと考えていました。スコアが出なくなるとアマチュアゴルファーもゴルフをつまらないと感じますがプロゴルファーでもそう感じることがあるのですね。

しかし、怪我から回復していくと今が一番ゴルフを楽しめていると中山プロは語っています。

不安もなくゴルフ場にいるだけでも楽しいと言えるのは驚いてしまいますよね。怪我を乗り越えた中山プロはゴルフに対する考え方や接し方も大きく変わってきているのではないでしょうか。

中山三奈,ゴルフ

http://www.tfm.co.jp/shot/index.php?blogid=307&archive=2016-07

 

初優勝で心に余裕ができた

中山三奈プロは2010年にエディオンWESTデオデオカップで初優勝しました。ステップアップツアーですがプロテスト1年目に優勝できたのは嬉しかったでしょうね。

しかし、この大会の練習ラウンドの段階では中山プロはショットの不調に悩んでいたのです。練習ラウンドではショットが不調すぎてボールを失くしたというのだから驚きです。

こういうときに無理にスイングを直そうとすると余計ゴルフがわからなくなってしまいます。中山プロはスイングリズムやタイミングなど基本的なことを忘れないようにしようと意識改革をしたそうです。

その結果、最終日にはショットが良くなり調子も上向きになりました。

中山三奈,ゴルフ

https://instagrammernews.com/user/532797110

 

坂田塾の出身

中山プロは坂田塾の塾生としても有名です。坂田塾の練習を振り返ってもらうとたくさん泣いたと話していました、それくらい坂田塾の練習はメリハリがあったのでしょうね。大人になってみれば坂田塾で教わってきたことが今の中山プロを作っていると言っても過言ではないですが当時はやめたくなることもあったのではないでしょうか。

さらに中山プロはアメリカなど海外での試合経験が豊富です。全米女子オープンゴルフの予選会を突破した経験もあるほどです。

海外での試合経験が豊富なので英語などもしゃべることができます。日本人選手も国際試合へ多く参加していく時代ですし、2020年には東京オリンピックも控えています。

中山プロのように国際的なゴルファーがもっと増えてきて欲しいですね。

中山三奈,ゴルフ

http://www.alba.co.jp/special/lpga/photo/no=19884/ph=11

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る