池田勇太プロのキャディーもした!東北高校出身の高島早百合プロ

高島早百合,ゴルフ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

高島早百合プロは一時、男子プロゴルファーの池田勇太プロと噂が上がりました。この二人の関係は東北高校の先輩後輩コンビで、池田プロのキャディーを高島プロがしたことで話題になってしまったのです。

池田プロに付帯して話題になった高島プロですが一体どのような人物なのでしょうか。今回は高島プロについて紹介していきます。

高島早百合,ゴルフ

http://i.gimg.jp/cmsimg/9/9/7/99771.jpg?w=654

 

高島早百合プロフィール

所属 フリー

出身地 京都府京都市

生年月日 1992年9月3日

入会期 2011年8月1日 83期生

契約ウェア:アンダーアーマー

身長 173cm

体重 65kg

血液型 A型

出身校 東北高等学校(宮城県)

プロテスト合格日 2011年7月28日

趣味 DVD鑑賞

好きな色 赤 紫 オレンジ

ゴルフ歴 12歳~

高島早百合,ゴルフ

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/22070826_144414246171425_8972395025912561664_n.jpg

 

大不振女子プロゴルファー

2016年「meijiカップ」で一度高島早百合プロの名前は有名になりました。それが「大叩き」です。この大会は本来下部ツアーを主戦にしている高島プロには出場シードがありませんでしたが、主催者推薦枠での出場になりました。

先に結果から書くと9ボギー、3ダブルボギー、3トリプルボギーで96です。そこらへんのアマチュアゴルファーよりも打ってしまっています。この裏にはイップスが関係していました。イップスとは精神的な緊張や過度のプレッシャーから身体が自分の思うように動かなくなってしまう状態で、ゴルフではパターのときによくみられます。高島プロはパターだけでなくショットにもイップスの症状が出てしまいました。

クラブをどう上げていいのか振っていいのかわからなくなった」と後に振り返っています。実際、ゴルフ練習場ではしっかりとボールを打つことはできたのに本番のラウンドになると身体が動かなくなってしまいました。2012年にステップアプツアー参戦中に起こした左手親指靭帯の怪我の影響で練習場でも打てるのは200球ほどです。限られた練習球の中で修正をするのは大変だったでしょうね。

そんな状態でも高島プロは推薦してくれた主催者の期待に応えるために出場しましたが、やはり同伴者にも迷惑がかかるほどのスコアです。棄権も考えたが予選だけはラウンドし切ったのはプロ根性だと思います。

ちなみに歴代のスコアワースト記録は「97」です。1996年「伊藤園レディスゴルフトーナメント」で谷福美プロが、1998年「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で斉藤裕子プロが記録しました。しかし、この両名ですがワースト記録を出した大会で谷プロは優勝経験があり、斉藤プロは6年後に優勝します。悪い結果の後には必ず良い結果が付いてくるのと一緒で高島プロも良い結果が出るのではないでしょうか。

高島早百合,ゴルフ

https://d12gnozutxpjie.cloudfront.net/cmsimg/70566.JPG

 

高島プロの子ども時代

高島プロは小学生の頃は陸上競技と水泳をしていました。中学校入学前にお父さんに勧められてゴルフを始めます。東北高校の存在は中学2年生のときに知り、東北高校があったからプロゴルファーになろうとも思ったほどです。両親を説得して京都府から単身ゴルフ留学をします。

在学中には東北ジュニアゴルフで優勝、東北女子アマチュア選手権で優勝するなど十分な成績を収めてプロテストを受験しました。プロテストは1発合格しています。

プロテスト受験の年にはちょっとした不幸を高島プロが襲います。というか高島プロの不注意ですが交通事故を起こしてしまうのです。高島プロは自転車で停車中の車に突っ込むという事故を起こしてしまいました。車のリアガラスに顔から衝突し、歯の破折・顎の裂傷を負うことになります。救急車で緊急搬送された高島プロですがすぐに練習を再開して2か月後に行われたプロテストに合格したのはすごいことだと思います。

ちなみにリアガラスの弁償代は高島プロが負担しましたが10万円だったそうです。

高島早百合,ゴルフ

http://i.gimg.jp/cmsimg/1/0/0/100122.jpg?w=654

 

池田勇太との関係は?

池田勇太プロとは東北高校の先輩後輩関係です。高島プロはプロテストに合格してからトレーニングを池田プロに帯同して行っています。新しく誰かに師事することも大切ですが高校の先輩で打ち解けている関係の方がトレーニングもしやすいと考えたのでしょう。トレーニングに参加するにあたり池田プロのツアーにも帯同することが多くなりました。そんな中、2013年「中日クラウンズ」の練習ラウンドで事件が起きます。池田プロ専属キャディーの福田さんが怪我をしてバックを担げなくなってしまいました。そんな時に変わりに担ぐことになったのが高島プロです。これが冒頭で紹介したエピソードです。高島プロからすれば憧れの先輩プロゴルファーのバックを担いで18ホールラウンドするというのは戦略やクラブに対する思い、試合のモチベーションなども勉強する良い機会だったに違いありません。この大会でキャディーをして選手目線とは別に何か学べていたら良いですね。

 

高島プロは身長173cmと背が高い選手です。ドライバーショットやアイアンの切れは女子プロゴルファー界でもトップクラスです。今後LPGAツアーに参戦してスラッとした長身から打たれる豪快なショットで私たちファンを楽しませてくれるのではないでしょうか。

高島早百合,ゴルフ

http://image.alba.co.jp/photogallery/1024×768/regular/2013090513275212402.jpg

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る