謎の痛みで休養!引退報道も出た諸見里しのぶが復活するまでの道のり

諸見里しのぶ,ゴルフ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

諸見里しのぶプロは2009年に賞金ランキング2位になりました。年間6勝しており近いうちには賞金女王になるのではとも言われていました。しかし、2011年に諸見里プロを原因不明の肋骨の痛みが襲います。

この痛みが原因で2016年はシーズンを休養するまでになりましたが、現在は痛みをコントロールしながら復活優勝をするその日を待ち望んでいます。

諸見里しのぶ,ゴルフ

https://www.lpga.or.jp/members/info/1000660

 

<諸見里しのぶプロフィール>

所属:ダイキン工業

出身地:沖縄県名護市

生年月日:1986年7月16日

契約

クラブ:テーラーメイド
ボール:テーラーメイド
ウェア:アディダス
シューズ:アディダス

身長 160cm

体重 58kg

血液型 O型

出身校 おかやま山陽高等学校(岡山県)

プロテスト合格日 2005年7月30日

入会日 2005年8月1日(77期生)

趣味 映画鑑賞 ペットと走ること

好きな色 白 ブルー エメラルドグリーン

ゴルフ歴 9歳~

師弟関係 中島敏雅 江連忠

諸見里しのぶ,ゴルフ

http://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17152535

 

ギネス記録保持者

諸見里しのぶプロは一時、LPGAトーナメントで大活躍したイメージが強いですよね。賞金シードも獲得していた諸見里プロですがシード落ちだけでなく休養もしたことがありますよね。

諸見里プロが活躍したのは2000年代です。初優勝は2006年「SANKYOレディースオープン」でした。その後も諸見里プロは安定した成績を残していきます。2009年には年間6勝もして賞金ランキングでも2位に入ることができました。

そしてここまでは諸見里しのぶプロからすれば助走程度でした。2011年に諸見里プロはある伝説を作ります。それがギネス記録です。

一体どのようなことでギネス記録を樹立したのでしょうか。

それはハーフ27というスコアです。9アンダーです。すごいですよね。

2011年「スタンレーレディースゴルフトーナメント」の最終日ハーフで27という数図は出ました。1番ホールから8番ホールまで8連続バーディーを獲得しました。さらに8番ホールはイーグルでトータル9アンダーです。もちろんですが日本記録も更新しています。

このギネス記録認定を受けて諸見里プロは「人生で一度でもギネス記録保持者になれたことを嬉しく思っています。記録達成をした日は誕生日の翌日で一生忘れられない試合になりました。」と当時のことを振り返っていました。またギネス記録認定はシーズンオフ中だったので「2012年シーズン開幕まであと1か月です。ギネス記録保持者として恥じないようなプレーをするのでツアーも応援よろしくお願いいたします。」とシーズン中の応援もお願いするところはプロゴルファーらしいなと思いますね。

諸見里しのぶ,ゴルフ

https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/64658/1/

 

不調の原因は?

諸見里しのぶプロは2013年を機に不調になってしまいます。その原因はアレルギー症状肋軟骨炎です。アレルギー症状は一般的な花粉症などと違い重度の症状が出ていました。呼吸困難になってしまうほどの花粉症は諸見里プロの睡眠を妨害することになります。ベッドで寝ても2時間しか寝ることができず体調維持をするのもやっとです。さらに肋軟骨炎はくしゃみをするだけで響くような痛みを起こしました。

睡眠不足やメンタル面での不安定さがすぐスコアに出てしまうのがゴルフというスポーツです。

見た目は健康そうですが実際に諸見里プロは身体の不調で苦しめられていました。最終的にはイップスのような症状も出てしまいます。

ティーグラウンドに立った時に諸見里を襲うのは吐き気ですが、そんなことを言っても「プロだろう」と叱りの声をもらうのが目に見えていたようです。

結果、諸見里プロは2016年に入ると休養という選択をします。

当初休養という発表を受けてファンの間からは引退かと言われていましたが、諸見里プロは以前自分のゴルフについて話をしていたことがありました。

日本女子プロ選手権だけは60歳になっても出場するのが夢と諸見里プロは話していて60歳までゴルフをするためにも一度ゴルフを休む選択をしたのでしょう。

2016年に休養をした諸見里プロがプロゴルファーとして復活するためにはQTやステップアップツアーでの活躍が必須になります。特にQTで上位に入らなければレギュラーツアーの出場シード権がもらえません。2016年後半はQTでもがく一年になりました。

レギュラーツアー経験者は皆QTへ戻りたくない一心で賞金シード権の保持に努めます。しかし、諸見里プロは強かったです。QTを規定順位以上でクリアしシード権の獲得をすることができました。

諸見里しのぶ,ゴルフ

http://www.pargolf.co.jp/player/gallery/260/122543

 

復活への道のり

諸見里しのぶプロは沖縄県出身です。沖縄県出身のプロゴルファーは多く、宮里藍プロや宮里美香プロなども同じ沖縄県出身ゴルファーです。沖縄県はゴルフに適した気温で年間を通してゴルフを楽しめますね。

諸見里プロは9歳でゴルフを始めてジュニア時代から活躍してきました。ジュニアゴルフ界である程度の実力を持った諸見里プロは2005年「日本女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝し、同年プロテストも合格しました。

プロテスト合格から休養までは江連忠コーチに師事していましたが、休養明けからは中島敏雅コーチと契約しています。また整体を練習後のアフターケアで導入するなど創意工夫を行い復活への道を歩んでいます。

2018年3月のダイキンオーキッドレディースでは地元沖縄県で国内開幕戦を迎えることができました。予選を4位で通過し地元で久しぶりの優勝かと期待されましたが復活優勝はまた今度にお預けとなっています。

しかし、ここまで復活したのは諸見里プロも満足しているのではないでしょうか。たまに肋骨には痛みが起きると言いますがこれからも身体と相談しながら女子プロゴルフ界のためにも頑張って欲しいですね。

諸見里しのぶ,ゴルフ

http://zv2udeo4.hatenablog.com/entry/2015/08/15/133000

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る