濱美咲プロがギャラリーを引き連れてプレーする姿を早く見たい!!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

1993年、徳島県小松島市生まれの濱美咲プロ、プロゴルファーがギャラリーを引き連れてプレーする姿に憧れてゴルフを始め、アマチュア時代、2008年の四国女子アマでは、中学生として史上最年少で優勝を飾ります。この大会、翌年は鈴木愛プロ、翌々年には堀奈津佳プロも優勝者に名前を連ねています。そしてさらに2012年には2度目の優勝も飾っています。

<濱美咲選手のプロフィール>

https://www.lpga.or.jp/

 

出身地/徳島県小松島市

生年月日/1993年7月28日

身長/166cm

体重/56kg

血液型/A型

出身校/生光学園高等学校(徳島県)

プロテスト合格日/2013年8月1日

趣味/野球観戦

好きな色/水色 白

ゴルフ歴/6歳~

師弟関係/辻村明志

 

実家は、老舗お醤油屋さん

http://www.oshouyu.com/

 

濱プロの実家は、徳島県にある明治30年創業の「濱醤油醸造場」という老舗お醤油屋さんです。国産の無農薬栽培大豆、徳島の米、天然塩を使ったこだわりの醬油、味噌だそうです。ネット通販もやっているようですので、興味のある方はどうぞ。上の画像のURLからアクセスしてみてください。

 

ゴルフを始めるきっかけは「かっこいい!」から

普通、“親に勧められて”や“親に練習場に連れていかれた”みたいなきっかけが多いですが、濱プロの場合はちょっと普通と違います。プロゴルファーがギャラリーを引き連れてプレーする姿をテレビで見て「かっこいい!」と思ったのがきっかけだそうです。でも小学生で初めてラウンドしたときに、ギャラリーがいなくて、「なんで?」って思って聞くと、「ギャラリーはプロの試合じゃないといないよ」と教えられたそうです。そこで、それなら絶対プロになろうと、このとき決めました。

http://www.jga.or.jp/

 

そして中学に入ると、諸見里しのぶプロ、上田桃子プロらを輩出した江連忠ゴルフアカデミーで腕を磨き、2008年には四国女子アマを史上最年少、中学生で制するまでに成長しました。

 

憧れのプロは上田桃子プロ、でも目標とするスイングはチェ・ナヨンプロ!

江連忠ゴルフアカデミーの先輩でもある上田桃子プロは、一緒ごはんに行ったり、ゴルフの話を聞かせてもらったりしていて、濱プロにとって憧れのプロであると同時に、最も尊敬している女子プロです。濱プロが気づいていないところや、悩んでいることなど、アドバイスをもらっています。

でも、スイングの目標は韓国のチェ・ナヨンプロなんだって!

現在コーチを受けている辻村明志プロは、上田桃子プロと同じです。ちなみに辻村明志プロは女子プロゴルファー辻村明須香プロのお兄さんです。

 

趣味の野球観戦だってゴルフに生かす!

http://www.fighters.co.jp/

 

濱プロの趣味は野球観戦、母校生光学園高校のOBには、元日本ハムの守護神、武田久投手がいます。テレビで武田投手の応援をしながら、ピッチャーの体の使い方をスイングの参考にしているそうです。

でも、野球のバッターよりもピッチャーの体の動きのほうが、ゴルフに通じるところがあるんですね。これからそういう目で野球を観ることにします。

ちなみに生光学園高校野球部は、2018年春の甲子園に初出場します。濱プロ、しっかり応援してくださいね。

生光学園をウィキペディアで調べると、主な出身者に濱プロの名前がありませんでした。早くここに名前が載るように頑張ってください!

 

そして、濱プロが大勢のギャラリーを引き連れて、フェアウェイを颯爽と歩く姿を我々ファンに早く見せてください!応援しています!!

http://www.pargolf.co.jp/

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る