米の大物女優から命名?倉田珠里亜プロは芯の通っている女子ゴルファー

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

ハーフモデルのような顔立ちで可愛い笑顔をしている女子プロゴルファーがいます。倉田珠里亜プロです。倉田プロは可愛いと評判が高いですが、それ以外にもゴルフの技術が素晴らしい選手です。女子プロゴルファーのほとんどはアマチュア時代やジュニアゴルファー時代に大きなタイトルを取っています。しかし、倉田プロはアマチュア時代にほぼ大きなタイトルを獲ることなくプロテストに合格しました。それもトップ通過です。一体、どんな選手なのか興味が湧いてきましたよね。

今回紹介するのは未知数の力を秘めている倉田珠里亜プロです。

https://stat.profile.ameba.jp/profile_images/20160410/18/f4/jz/j/o075007501460279599641.jpg

 

  • 倉田珠里亜プロフィール

所属 フリー

出身地 奈良県桜井市

生年月日 1993年7月14日

入会期 2013年8月2日 85期生

身長 167cm

体重 62kg

血液型 B型

出身校 樟南高等学校(鹿児島県)

プロテスト合格日 2013年8月1日

スポーツ歴 バレーボール 水泳 空手

趣味 音楽鑑賞 ショッピング

好きな色 オレンジ ピンク

ゴルフ歴 13歳~

倉田珠里亜プロのプロフィールを見て驚くのがゴルフを始めた年齢です。13歳と比較的遅い年齢から始めています。最近の女子プロゴルファーは平均して小学生くらいには始めていることが多く13歳というのは遅い年齢に分類されます。13歳とゴルフを始めた年齢が遅かったので他の女子プロゴルファーよりも多くのスポーツを経験しています。

バレーボール・水泳・空手と個人競技から団体競技・格闘技など幅広くスポーツをしていた経歴から察するに、スポーツ能力は高いのだろうと思います。

http://image.alba.co.jp/tourpro/01240/235×270/regular/2014060618424719816.jpg

 

ゴルフに対する才能

倉田珠里亜プロは13歳という年齢でゴルフを始めることになりますが、さすがに独学ではここまできていません。ジュニアスクールに通いますがそのスクールは横峯さくらプロも育った「さくらゴルフアカデミー」です。両親を倉田プロ自身で説得し入塾します。倉田プロ本人の意思があり良いエピソードですよね。

さくらゴルフアカデミーに入って2年後には頭角をあらわすことになります。倉田プロは2008年の鹿児島県民体育大会で優勝します。しかし、そのあとは九州地方の大会で上位に入るのみにとどまります。やはりジュニアゴルフで多くのライバルとジュニアゴルファー戦国時代を乗り越えてきた選手に比べると根底にあるハングリー精神や、ここ一番でのナイスショットに差が出てきてしまいます。

http://sp.golf.findfriends.jp/show_img.php?id=11855&contents_id=page_002

 

倉田プロのプロテスト受験

倉田珠里亜プロは大きなアマチュア大会を制したことはなく九州地方の大会がメインでした。さくらゴルフアカデミーは鹿児島県内にある全寮制のゴルフスクールなので高校も鹿児島県内の高校へ進学します。高校卒業後にプロテストを受験するも1度目のプロテストは惜しくも不合格になってしまいます。

翌年、地元である奈良県に戻り「グランデージゴルフ倶楽部」で研修生として働きながらプロテスト合格に向けて練習をする日々になります。研修生といえども仕事をしなければいけなく、練習と仕事の両立というのは大変だったでしょう。

2回目のプロテスト受験では見事通過しプロになることができました。そしてこのプロテストではトップ通過という称号も一緒に獲得しています。

http://www.sanspo.com/golf/images/20140607/jlp14060705020002-p8.jpg

 

家族の存在

倉田珠里亜プロは両親と妹の4人家族です。家族仲は非常に良く倉田プロの大会に応援へ訪れるほどです。倉田プロはハーフのような顔立ちをしているのでハーフなのではと思われていますが、大会応援に来ている家族写真を見る限りではお父さんもお母さんも日本人のようです。

倉田プロの名前は「珠里亜」と日本人離れした名前ですが、名前をつけたのはお母さんです。お母さんはジュリアン・ロバーツが大好きで名前をもじって「珠里亜」と命名しました。また妹さんも珍しい名前で「りりか」と言います。

少しファンキーな印象を受けるお母さんですが、倉田プロのサポートには真剣そのものです。というのも、2017年のツアーは日本国内で転々と行われるツアーにお母さんの運転でキャンピングカーに乗り遠征しているからです。

必ずプロゴルファーの負担になるのがゴルフ場のプレー代キャディ代です。その他で経費削減できるところは移動費や宿泊費になっていきます。倉田プロは移動費と宿泊費をキャンピングカーで補っているのです。

もちろん一人で移動して宿泊してとなると負担が大きくなってしまうのでお母さんが代わりに運転をしているのです。家族愛が感じられますよね。

倉田プロは金髪でネイルもしている今時の女子という感じがします。しかし、中学生の時に鹿児島県にある全寮制のゴルフスクールへ入塾することや、練習と仕事の両立をこなすのは生半可な気持ちではできません。倉田プロは心から芯の通っている女子プロゴルファーなのだろうと思います。

未だツアー未勝利で予選通過ラインでもがいている試合が多い印象ですが、初心を忘れず練習に励んでいればいつの日かレギュラーツアーで優勝争いができるまでに行くでしょう。その時はまたご家族で応援に来て倉田ファミリーの家族愛も見せて欲しいです。

https://pbs.twimg.com/media/CTSb27CUAAAzR5b.png

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る