熊本震災で被災!自分で避難所を回り支援物資を配った青山加織プロ

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

熊本地震から数年経ちました。熊本震災では多くの人が被災者となり生活に支障もきたしました。青山加織プロもその一人です。熊本地震で被災した人のためになりふり構わず走り回った青山プロの有志はあまり報道されていません。熊本市のためにも試合を欠場した青山プロについて迫りたいと思います。

https://cdn.lpga.or.jp/lpga/cms/2015/07/09/xl/2b29a4dedf522741d1bf4d60e25b350ad4cffe23.jpg?1436430041

 

青山加織プロフィール

所属 コンフェックス

出身地 熊本県熊本市

生年月日 1985年7月4日

入会期 2007年8月1日 79期生

契約

クラブ:ダンロップ

ボール:ダンロップ

ウェア:キスオンザグリーン

シューズ:ダンロップ

身長 154cm

体重 50kg

血液型 O型

出身校 九州東海大学(熊本県)

プロテスト合格日 2007年7月26日

スポーツ歴 水泳

趣味 買物 音楽鑑賞

好きな色 赤 青 黒

ゴルフ歴 10歳~

師弟関係 岡本綾子

ホールインワン 1回

青山プロは熊本県熊本市の出身です。2016年の熊本震災の際には実家に滞在していて翌日から行われる予定だった「バンテリンレディース」へ出場予定でした。本震のときには試合に臨むため早めの就寝をしていましたが、揺れが大きくてベッドから転げ落ちたと語っています。その後、家具が倒れてきてしまい青山プロには怪我はなかったですが「死」も覚悟したと振り返っています。揺れも落ち着いた頃には母親と一緒に市内の被害が少なかった知人の家へ避難しました。避難したものの自宅ではない環境では身体も休まらずの状態でしたが選手やギャラリー・大会関係者の安全を考慮し大会は中止になりました。

https://cdn.lpga.or.jp/lpga/cms/2017/08/13/xl/bf292ad5dd8fa7d663b04ef3f405490ac952c6ee.jpg?1502589273

 

熊本地震への支援

青山加織プロは自分自身で震災を体験し恐怖を感じていました。本震後も続く余震などで眠れない日々を過ごし、パニックにもなっていました。そんな中、ゴルフ関係者が各地で震災復興のチャリティーイベントや募金活動をしていました。青山プロの元にも乾パンや飲料水など支援物資が届くようになりました。青山プロ自身もSNSを通じて支援の輪を広めようと情報拡散に努めました。

でも、そんな中青山プロはあることに気づきます。「小学校など避難所では並んだ人にしか物資が行き渡らない。融通が利かなく、並べる人にしか行き渡らなく子供やお年寄りはもらえないこともある」こんなことを後に青山プロは語っています。

その問題を解決すべく青山プロは自ら動き出しました。軽トラックを借りて全国から送ってもらった支援物資を荷台に乗せて避難所を回ります。青山プロは指定避難所とされている避難所とは別の避難所を重点的に回りました。老人ホームやデイケアなど施設設備がないと生活するのが困難な人たちは指定避難所で生活できません。

物資を配り始めた当初は青山プロのことを不審に思う人もたくさんいて支援物資を受け取らない人もいたようです。しかし、バンテリンレディースの翌週から2試合欠場してまでも物資を配り続けた青山プロの有志は忘れることはできません。

http://player.pargolf.co.jp/kaori-aoyama/images/top/img_mainVisual_01.jpg

 

認められた社会活動

熊本震災のときに復興支援を手伝った人は一般の方でも多くいます。その方の多くは阪神淡路大震災・東日本大震災などで被災して助けてもらったからという人でした。青山加織プロは地元が被害を受けた震災だから、地元が好きだからという気持ちだけで行動しました。

その活動が認められて青山プロは2016年にJGJA大賞を受賞します。JGJA大賞はゴルフを通じた社会貢献やゴルフ振興に尽力した人物に贈られる賞です。青山プロもこの賞をもらいたいがために活動していたわけではないですが受賞したときには「もう一度あのことをやれと言われてもやれない。よくできたなと自分を褒めたい」と語っています。それくらい無我夢中に地元熊本市内を軽トラックで走り回っていたのですね。

https://d12gnozutxpjie.cloudfront.net/cmsimg/140176.jpg

 

ゴルフの実力は?

青山加織プロは小学生のときに小学生で初めて「再瞬間レディース」に出場しました。2001年には全国中学生アマチュアゴルフ選手権で優勝、九州アマチュアゴルフ選手権も3回優勝しています。アマチュア時代に獲得したタイトルはどれも大きな大会でプロになったのも納得できます。

プロゴルファーになってからはステップアップツアーが主戦場になっています。ステップアップツアーでも4勝していて2009年には賞金シード権も獲得してLPGAツアーにフル参戦していたこともあります。得意クラブがパターということもあり、パッティング技術やラインの出し方、距離感のつかみ方は女子プロゴルフ界でも上位の腕前です。

岡本綾子プロに師事しているのもポイントです。岡本プロと言えば樋口久子プロとともに日本ゴルフの基盤を築き上げた功労者です。岡本プロの指導力には定評があり門下生は数多いです。また、指導力を評価されLPGAから特別賞を受賞したり、テレビ番組の解説等も多く勤めているプロゴルファーです。

http://www.cross-bee.com/kaori_up.jpg

 

私生活も充実

私生活では2017年に一般男性と結婚も発表しました。私生活が充実していると本業の方も順調にいきますよね。入籍は沖縄で行い、結婚届には師匠である岡本綾子プロと岡本プロの門下生である表純子プロに保証人を努めてもらったそうです。自分が師事している人に認めてもらえたような気がして嬉しいですよね。

また青山プロは2016年に病気で手術をしたことを公表しています。どのような病気なのかは本人の希望で伏せているようですが、手術をしなければいけないほどの病気だったのは心配です。2017年の3月からはシーズンインとともにツアーへ参戦しているので体調と相談しながらのツアー参戦になるのは否めません。ふるさと熊本のことを思い、行動する青山プロなら病気にもきっと打ち勝てますよね。

プロゴルファーとしてはまだLPGAツアーの一線で活躍しているとは言えないレベルですが、ゴルフ以外の活動で評価される選手は多くありません。特に青山プロの活動内容は熊本地震に対して初動で対応していてお世話になった人も多いのではないでしょうか。青山プロが熊本のことを応援していたように、熊本県民の皆さんも青山プロの活動を応援してもらいたいですし、熊本とは関係なくても自分を犠牲にしてまでも支援物資を運んだ青山プロを応援して欲しいです。

岡本門下生の中では遅咲きかもしれませんがこれからの青山加織プロの活躍を願っています。

http://www.shikoku-np.co.jp/img_news.aspx?id=20151019000094&no=1

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る