絵を描くのが好きで漫画家になりたかった?石川陽子プロは元インドア派

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

石川陽子プロの髪の毛の色はカラフルです。ピンク色のときがあれば金髪時代もあります。ジュニアゴルファーは黒髪であることが大会に参加する条件だと言っても過言ではありません。ジュニアゴルフは青少年の育成にも寄与する存在でなければいけないという考えがあるからです。しかしプロゴルファーでは違います。髪型でギャラリーにインパクトを与える石川プロを紹介します。

https://cdn.lpga.or.jp/lpga/cms/2015/05/22/xl/20fd429a3fb86e578b3d9ada3050de10d26caae9.jpg?1432289384

 

<石川陽子プロフィール>

所属 マイナビ

出身地 神奈川県横浜市

生年月日 1992年9月7日

入会期 2012年7月27日 84期生

身長 163cm

体重 57kg

血液型 B型

出身校 代々木高等学校(東京都)

プロテスト合格日 2012年7月26日

趣味 お絵描き 洋服

好きな色 赤

ゴルフ歴 12歳~

師弟関係 父

 

ジュニア時代の石川プロ

石川陽子プロはお父さんの影響でゴルフを始めました。お父さんはゴルフスクールを運営していて、お父さんの勧めでゴルフを始めました。しかし、石川プロはアウトドアな性格ではなくインドア派だったのでゴルフに対して前向きには思えなかったようです。ゴルフを始めたばかりのときは遅延プレーをしないためにショットしてから次のボールのところまで走って移動して、またショットしての繰り返しですよね。ゴルフをしに行っているのかボールのところまで走りに行っているのかわからなくなるほどだったと振り返っています。

そんな石川プロにゴルフを勧めたのはお父さんでしたが、お父さんよりもゴルフを勧めたのはおじいちゃんだったそうです。ちなみにそのおじいちゃんはゴルフをしていなかったようで、孫のゴルフを純粋に応援していただけなのでしょうが当時の石川プロからすると少し嫌だったかもしれませんね。

本格的にゴルフを始めたのは12歳で、プロゴルファーになってまでもお父さんに師事しています。

ゴルフを始めた頃の石川プロはインドア派でしたが、具体的に言えば絵を描くことが好きでした。小学生の頃にはパソコンが一家に一台導入されている時代で、パソコンを使ってアニメの絵を描くことにはまっていたそうです。小学生の頃はプロゴルファーではなく漫画家になりたかったというのも無理はないですよね。石川プロの描いた絵は本人のツイッターに投稿されているので興味がある人はチェックしてみてください。

https://pbs.twimg.com/media/DNc-hbxVwAAtSiZ.jpg

 

髪色で有名に

石川陽子プロと言えば髪色が派手なのが特長です。2015年「サイバーエージェントレディスオープン」では金髪、2015年3月にはピンク色の髪色をしていました。ピンク色の髪色はシーズンオフの期間だったので問題はないようでしたが金髪はLPGA的にどうだったのでしょうか。

石川プロはツアー中にLPGAに怒られはしなかったそうです。しかし、2015年「サイバーエージェントレディスオープン」の翌週には髪の毛を黒色に戻しました。その理由は同大会でカットラインに1打届かなくて予選落ちをしてしまったからです、試合が行われていた千葉県から横浜市内の自宅へ帰ると号泣したそうです。予選落ちをすると決勝ラウンドが行われる土曜日には自宅にいることになりますよね。それが女子プロゴルファーにとっては辛い出来事なのです。石川プロも不本意な結果で土曜日に自宅に知ることになり号泣してしまいました。

気分転換をするために髪の毛を黒色にしたそうです。本人は決意の表れとして髪の毛を黒色にしましたが周囲からは不評だそうで、金髪に戻さないの?とよく聞かれたそうです。金髪にした当初は大反対をしていたお父さんもトレードマークになっていたのに黒色に戻すとは…と逆に反対したとも話しています。

髪色で一時期注目を集めていた石川プロですがこれからは髪色ではなくスコアやプレー内容で評価される選手になってくれることを祈っています。

http://livecap.info/golf455/img/20141028/PART1/20141023-0800-0020053.jpg

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る