レジェンズツアーを盛り上げろ!!女子プロゴルファー白戸由香選手

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

「レジェンズツアー」ってご存知でしょうか?

45歳以上の往年の名女子プロゴルファーによるシニアトーナメントです。2004年から始まり、2017年は5試合がおこなわれました。

その5試合うち2勝を挙げ、レジェンズツアーの賞金女王となったのが、今回紹介する白戸由香プロです。

 

<白戸由香選手のプロフィール>

所属/日立ソリューションズ

出身地/青森県南津軽郡

生年月日/1969年8月5日

身長/167cm

出身校/弘前学院聖愛高等学校

プロテスト合格日/1993年8月26日

スポーツ歴/ソフトボール

ゴルフ歴/19歳~

https://www.lpga.or.jp

白戸プロは、1993年にプロテストに合格しましたが、なかなか結果が出せずにいました。そんな中、10年目の2002年ヨネックスレディスで3位タイに入ると、その年の日本女子オープンでも3位に入り、初の賞金シードを獲得しました。残念ながらレギュラーツアーでの勝利はありませんが、合計6度も賞金シードを獲得しています。

 

白戸プロもソフトボール経験者

プロゴルファーにソフトボールや野球の経験者が多いことは、皆さんもよくご存じかと思います。ソフトボール経験者として有名なのは、岡本綾子プロですが、ほかにも小林浩美LPGA会長、藤井かすみプロ、飯島茜プロ等々、挙げればきりがないほどです。現在約1000名いるLPGA会員のうち、15%を超える方々がソフトボール、または野球の経験者だそうです。

 

https:// http://www.softball.or.jp

白戸プロもそうしたソフトボール経験者の中のひとりです。

小学校からソフトボールをはじめ、高校卒業後、日立製作所に入社し2年間ソフトボールに取り組んでいましたが、その後プロゴルファーの道を目指し、茨城の筑波カントリークラブへ、そこで加藤雄二プロの指導を受け、1993年24歳でプロテストに合格されました。

 

レジェンズツアーの賞金女王!

白戸プロは、現在レジェンズツアーを中心に活躍しています。

レジェンズツアーは、2004年に始まり、年間1試合、2試合という年もありましたが、2017年は5試合が行われました。白戸プロは、5試合のうち、6月のふくやカップマダムオープン、8月のシブヤカップで優勝し、見事レジェンズツアーの賞金女王に輝きました。

 

また、レジェンズツアーでは、最多の通算6勝を挙げています。

https://www.lpga.or.jp

2017年は、5年ぶりにレギュラーツアー(ニチレイレディス)にも出場しましたが、惜しくも1打及ばず、予選通過はなりませんでした。

 

レジェンドツアーがもっと盛り上がって欲しい!

2017年には、18試合が開催された男子シニアツアーに比べると、レジェンズツアーはわずか5試合しか開催されていません。

ゴルフファンに中には、「往年の名選手のプレーを見たい」と思っているファンも多いはずです。

レギュラーツアーに比べ、リラックスした雰囲気で、選手とファンの距離が近いなどの理由で、男子シニアツアーが人気を集めているように、女子のシニアツアーにも注目が集まってほしいものです。そのためにも白戸プロには、是非レジェンズツアーの盛り上げを牽引していただきたいと思います。

 

2018年には全米女子シニアオープンが開催されると聞ききました。白戸プロをはじめ、日本からも多くの女子プロゴルファーが出場して、活躍する姿を我々ファンに見せてくれることを期待します。

https://www.lpga.or.jp

女性の45歳といえば、結婚して家庭に入り、家事や子育てに追われているという方も多いかもしれませんが、まだまだファンを魅了するプレーができるのでは?と思うと、もったいない気がします。女子プロゴルファーが生涯に渡って活躍できる場として、レジェンズツアーが大きく発展して行くことを願っています。

 

トップ画出典元https://www.lpga.or.jp

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る