応援したい!笹原優美が努力に目覚めたきっかけとは?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

笹原優美選手は、ここ1~2年で急激に注目を集めるようになった女子プロゴルファーです。

彼女の人気の理由は、輝かしい成績ではありません。ジュニアの大会で何度も優勝し、1発でプロテストに合格し、レギュラーツアーにフル参戦し、賞金を稼ぎまくるという選手も、もちろん人気があるでしょう。しかし、笹原優美先生はそんなスター選手とは正反対の道のりを辿ってきました。エリート選手にはない泥臭いプロフィールと、それとは対照的にかわいらしいルックスがファンの心を掴んだのです。今回の記事では、笹原優美選手のこれまでの経歴と、そのプレイの秘密に迫ってみようと思います。

笹原優美のプロフィール


https://www.lpga.or.jp/

所属:ナック

出身地:東京都練馬区

生年月日:1992年8月4日

身長:162cm

体重:60kg

血液型:O型

出身校:法政大学高等学校(東京都)

スポーツ歴:水泳

趣味:DVD鑑賞

好きな色:ピンク 白 黒

ゴルフ歴:11歳~

師弟関係:和田泰朗

契約

クラブ:テーラーメイド

ボール:テーラーメイド

ウェア:ジュンアンドロペ

笹原優美がゴルフを始めたきっかけ

笹原優美選手がゴルフを始めたのは、11歳のときです。エリート選手には「ものごころ付く頃にはクラブを握っていた」というエピソードが多い中、彼女は小さい頃は水泳を習っており、ゴルフには触れていませんでした。11歳からのゴルフ人生というのは遅めかもしれません。しかし、このあたりも彼女の「努力の楽しさを教えてくれる」という魅力のひとつなのかもしれません。

きっかけはお父さんのゴルフの練習場に付き添いで行った際に、ジュニアスクールの練習を見たことです。そこからゴルフを始めるのですが、ゴルフを始めたばかりの頃は、ゴルフが大嫌いで、試合に出ても成績が悪く、すぐに辞めたくなってしまったそうです。しかし、そこで笹原優美選手を止めたのは、きっかけを作ったお父さんだったそうです。なんとかして娘を女子プロゴルファーにしようと、様々な努力をしたそうです。

笹原優美がゴルフを好きになった理由は?


https://www.lpga.or.jp/

お父さんの説得によって、笹原優美選手はゴルフ部がある法政大学高校に進学します。しかし、進学した当時はゴルフに対して後ろ向きな感情しかなかったようです。後日のインタビューでは「かなり暗い性格でした。ゴルフもなんのためにやっているのか分からなかった」と語っているほど。

しかし、ここで彼女に転機が訪れます。それは、ティーチングプロの和田泰朗さんとの出会いでした。笹原さんはこの出会いを「和田コーチと出会ってなかったら、ゴルフを絶対に続けていなかっただろう」と語っています。つまり、プロになろうとも考える事はなかったという事です。

笹原優美を変えた!和田コーチの教えとは?

では、そこまで笹原優美選手の価値観を大きく変えた和田コーチの教えとはどのようなものだったのでしょうか。

大きく分けると2種類の教えがありますので、ひとつずつ解説していきます。

・努力する楽しさ

和田コーチは、技術的な面の教育だけではなく、精神面での教育も重視していたようです。笹原選手が影響を受けた2つの教えは、どちらも精神的なものでした。まずは努力する事の楽しさです。

もともと笹原さんは「できないものはできないものだ」と、どこか甘えてしまうところがあったようです。努力によってできるようになるという考えではなく、「今のチカラでなんとかする」という考えが大きかったようです。しかし、和田コーチはそんな笹原選手の考え方の悪いクセに気づき、なんとかして改善しようと考えてくれたそうです。そして、無理に矯正するのではなく、笹原選手と一緒になって考えてくれたのだそうです。そして笹原選手が気づいたのが、努力する楽しさです。

できない事ができないままだと、自分もゴルフもイヤになってしまいます。

しかし、努力して、できないことができるようになれば、自分も嬉しくなるし、ゴルフ自体も楽しくなります。

言葉で説明すると簡単なことですが、この努力の本質に笹原選手は初めて気付いたのだそうです。

・ゴルフは人間性

この教えは、上記の努力する楽しさという教えから派生してくるものです。和田コーチによると「スコアアップは人間性の成長と比例する。ゴルフの上達のためには、まず自分自身を磨く必要がある」のだそうです。

一見すると「なぜゴルフに人間性が大切なんだろう?」「人間性よりも技術の方がスコアアップには大切なんじゃないの?」と思ってしまいそうです。もし笹原選手がはじめから和田コーチにこの教えを聞いていたら、同じように思ってしまうかもしれません。しかし、笹原選手は和田コーチに努力する楽しさを教えてもらっていました。そのことで彼女の人間性も徐々に変わっていき、この言葉の深い意味に気付かされたのだそうです。

ゴルフの初心者や未経験者には、この教えの本当に深い部分は理解が難しいかもしれません。しかし、どんなスポーツでも、あるいはビジネスであっても、「技術よりも人間性が大切」という部分があるのではないでしょうか。

大学進学を蹴ってプロに挑戦


https://news.golfdigest.co.jp

笹原優美選手が通っていたのは法政大学高校です。そのため、受験する必要が無く、そのままエスカレーターで法政大学に進学することも出来ました。しかし、彼女はそうしませんでした。なんと、プロテストを受けることにしたのです。

高校進学までは、そこまで好きではなかったゴルフに、和田コーチと出会うことで「もっとゴルフを頑張りたい」という感情が芽生えたのです。

高校時代には「関東高等学校ゴルフ選手権」で8位という成績も残しています。そのような経緯から、大学進学は行わずにプロになる道を選んだ笹原選手ですが、そこからが苦難の道の始まりでした。

1回目のプロテストは1次で不合格、

2回目のプロテストは2次で不合格、

3回目と4回目のプロテストは最終まで残るもののやはり不合格、

そして5回目の挑戦でも、やはり最終まで残っての不合格でした。

5回連続の不合格ということで、やはり本人もショックはあると思います。しかし、そんな彼女がこれだけ人気があるのは、何度不合格になっても前向きに努力してまたチャレンジするところなのではないでしょうか。

ちなみに、笹原選手は2010年から5回連続でプロテストを受験していますが、2016年は受験していません。これには理由があります。

次のシーズンのツアーへの出場資格を賭けたQTトーナメントで、徐々に順位を上げ、2016年度はツアーフル参戦の権利を得たため、そこに集中するために、あえてプロテストを受けなかったのです。

ちなみにQTトーナメントの順位は、2014年度が81位、2015年度が61位、2016年度が14位と、どんどん順位を上げています。

2016年度の初ツアーフル参戦は、3試合を除いてすべて予選落ちという残念な結果に終わりました。しかし、2017年は徐々に彼女の努力が実り始めます。「ニッポンハムレディスクラシック」では24位タイ。「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」では19位タイという活躍を見せます。さらに、ステップアップツアーにはなりますが、「フンドーキンレディース」では自身の最高順位である10位タイを記録します。

優勝などの華やかな経歴はありませんが、プロテストに何度落ちても努力を続け、少しずつその努力が実り始めているからこそ、笹原選手を応援せずにはいられないファンが多いのです。

インスタグラムで人気に火がついた!


https://www.instagram.com

女子プロゴルファーは、少し前まで、SNSは控えるように指導されていました。あるゴルファーが、SNSでファンのマナー違反を指摘したことで炎上したという事件もあったためだと思われます。今では、どこまでをSNSで発信して良いのか、アスリートのリテラシーも上がっているので、ファンとの交流のためにSNSを利用している方も多いようです。

笹原優美選手がインスタグラムを始めたのは、まだここまでSNSが使用されるようになる前の、どちらかといえばプロゴルファーはSNSを使用しないほうがいいという風潮がある頃でした。そんな中で投稿される笹原選手のインスタグラムは、試合結果はもちろんのこと、毎日の練習や、ゴルフから離れた日常生活など、ゴルフファンの気になる部分を公開しており、ゴルフファンの注目を集めました。そして、そのルックスもあってか「美女ゴルファー」「努力家のゴルファー」として、どんどんファンを増やしていきました。

ツアーの成績としてはまだこれからの選手ですが、インスタグラムの効果は大きく、試合会場では彼女のサインを求める長蛇の列ができるそうです。

こういった背景を知らないテレビ中継のアナウンサーなどは「なぜあの選手があんなに人気があるのだろう?」と不思議に思うのだとか。

まとめ

このように、笹原優美選手は、決して才能に恵まれた選手というわけではありません。しかも、高校入学まではゴルフをやめたいと思っていました。そんな彼女が、努力の大切さを知り、少しずつ活躍し始めているというストーリーに、多くのゴルフファンは胸を熱くし、彼女を応援してしまうのでしょう。まだ年齢的にも若い選手ですので、いつか才能を開花させ、ツアーで優勝してくれる日を願います。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る