【画像有】伝説の女子プロゴルファー!?米山みどり選手の過去と現在

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

2011年に35歳で獲得賞金4億7千万円を超え、来期のシード権を獲得できる順位にいたのにもかかわらず、その放棄を表明して颯爽とツアーの第一線から退いた、伝説の女子プロゴルファーを皆さんはご存知でしょうか。

「プロテストに受かった頃から35歳を節目に考えていたので、そこまでは何があっても頑張ろうと決めてプレイをしていた」当時についてそう語るのは米山みどり選手です。

米山選手は正真正銘の実力派ゴルファーで、2000年から2011年までなんと12年間もシード権を保持し続けました。しっかりと結果を出し、去り際は「飛ぶ鳥跡を濁さず」。とても格好いいですね!

 

<プロフィール>

名前:米山 みどり

所属:フリー

出身地:愛知県豊橋市

生年月日:1976年5月9日

身長:160cm

体重:58kg

血液型:A型

出身校:愛知大学中退(愛知県)

プロテスト合格日:1998年8月21日

入会期:1998年9月1日 70期生

スポーツ歴:剣道

趣味:映画鑑賞

好きな色:淡い色

ゴルフ歴:13歳~

ホールインワン:1回

師弟関係:伊澤利光

契約:クラブ ・ウェア・シューズ – ヨネックス

生涯獲得賞金:33位 ¥471,206,168

優勝回数:LPGAツアー 7回

 

ゴルフを始めたのは13歳。大学在学中に日本女子アマで優勝し1998年にプロテストに合格しました。翌年23歳で参加したフジサンケイレディスクラシックでは、日本人選手過去最速の「プロ入り370日目での初優勝」を果たし、LPGA新人賞と日本プロスポーツ新人賞を受賞しました。

 

米山選手の持ち味は、早い肩の回転と手首の強さを活かした豪快なドライバーショットです。小学時代は2度も剣道の全国大会で優勝するほどの少女剣士だったそうですが、そのショットの豪快さについては「打つ、ではなくまるで斬るようだった」と例えるファンの声まであります。

 

ttp://news.golfdigest.co.jp

ゴルフについては「男子プロの方が女子プロよりも知識と技術が豊富」と語る米山選手。2000年以降、尾崎将司プロの愛弟子である伊澤利光プロに師事し、キレのあるスイングに一層磨きをかけました。パターについても女子の長尺パターのパイオニアは米山選手だといわれています。

 

現役時代にはYONEXと契約を結んでいますが、そこにはすごい裏話があります。

お気づきのように、まず苗字ですね。

そしてYONEXのイメージカラーはグリーン。なので、下の名前もピッタリです。

さらに驚きなのは、YONEX創業者と米山選手のお父さんがなんと同姓同名だったという事実!信じられないほどの偶然が重なっていて、もう運命の必然の契約だったのかも知れないとさえ思えてしまいます。

 

プライベートでは2014年に出産し、一児のお母さんにもなられました。

引退後は新聞などでのコラムの連載、アマチュアの指導にあたりティーチングプロとして活躍をされています。最近では、YONEX主催のヨネックスレディスゴルフトーナメントのラウンドリポーターを連続で務め、お馴染みのリポーターになっています。

 

http://www.pargolf.co.jp

米山選手の記事や解説は、とても分かり易いうえにエキサイティングです。

現役時代に培った女性プロ・男性プロ両サイドからの目線と、ティーチングプロとしての見方が加わり、さまざまな角度からの切り口をお持ちなのでしょうね。その内容からは後輩選手やゴルフそのものへの愛も感じられます。

 

「ゴルフは年齢にかかわらず楽しめる生涯スポーツ。緑の中で汗をかくっていいものです。エンジョイゴルフしましょ。」

という言葉のとおり、これからはティーチングプロとして解説者として、ますます多くの人にゴルフの魅力を広め、ゴルフを盛り上げて行ってくれそうです。米山選手の今後も楽しみですね。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る