洗濯はOK?以外と知らないゴルフグローブのお手入れの仕方

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

ゴルフに欠かせない大切な道具であるゴルフグローブ。

一日ゴルフをすれば、汗や泥ですっかり汚れてしまいます。

お気に入りのゴルフグローブなら尚更、すぐに洗って綺麗に保ちたいですよね。

でもゴルフグローブって洗濯しても良いものなのでしょうか?

今回はそんなゴルフグローブのお手入れの仕方についてご紹介します。

 

 <ゴルフグローブのお手入れの仕方>

まず初めにお伝えしたいのは、ゴルフグローブは基本的に洗濯をしてはいけない、ということです。

洗ってしまうと革製品であるゴルフグローブの油分を奪ってしまうので、ゴルフグローブを傷つけ寿命を縮めることになります。

では、真夏などは特に汗でびっしょりになってしまうゴルフグローブは、どのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?

基本的に、ゴルフグローブのお手入れは「陰干し」です。

直射日光に当ててしまうと乾燥してバリバリになってしまうので、日陰で干すようにしましょう。

もし汗などの臭いが気になるようであれば、ファブリーズなどの消臭剤を使うことで改善すると良いですよ。

また、ゴルフグローブに目立つ汚れがある場合は、洗濯するのではなくて濡らしたタオルなどで優しくふき取るようにします。

なかなか取れない汚れがあるときは、薄くのばした中性洗剤をタオルに染み込ませ、それでふき取るようにしましょう。

濡れたタオルで拭いた後は、乾いたタオルなどできちんと水分を拭き取ってください。

特に天然皮革のゴルフグローブの場合はこの工程を忘れないようにしてくださいね。

このように、できるだけ革製品であるゴルフグローブに水分を与えないようにすることが、グローブの寿命を延ばすコツです。

 

<もし洗濯をするなら>

もし、どうしても洗濯を行いたい場合は以下の手順を参考にしてみてください。

ゴルフグローブが合成皮革天然皮革かによって、洗濯の方法が異なります。

 

・合成皮革や人工皮革のゴルフグローブの場合

合成皮革や人工皮革のゴルフグローブを洗濯するときは、中性洗剤を薄くのばしたお湯で優しく手洗いします。

その際、水の温度に気をつけることが大切です。

あまり低い温度の水で洗うのではなく30〜35度くらいのぬるま湯で洗うようにすると、ゴルフグローブが傷むのを軽減することができます。

洗い終わったら、ゴルフグローブを手で握るように絞ってできるだけ水分を飛ばしてください。

その際にゴルフグローブをねじって絞ってしまうと、革の繊維を傷めてしまうので気をつけてくださいね。

その後、風通しの良い日陰でよく乾かしましょう。

 

・天然皮革のゴルフグローブの場合

天然皮革のゴルフグローブは、合成皮革や人工皮革のものに比べてより洗濯によって傷んでしまいやすいです。

天然皮革は水に弱いため、洗濯してしまうとパサパサになり縮んでしまいます。

どうしても洗濯をしたいときは、クリーニング店など専門のお店で洗ってもらうと良いでしょう。

それでも自宅で洗わざるを得ない場合は、以下のような手順で洗濯をするとダメージを軽減することができます。

まずゴルフグローブを手にはめ、その状態でお湯でのばした中性洗剤を柔らかいブラシにつけて優しく汚れを擦ります。

こうすることでゴルフグローブの型崩れを防ぐことができます。

この際に洗剤を付けすぎてしまうと、天然皮革の油分が奪われてパサパサに傷んでしまうので注意しましょう。

その後風通しの良い日陰に干し、半乾きになったら再度手にはめてゴルフグローブの形を整えます。

完全に乾いたら天然皮革製品用のオイルを薄く塗って終了です。

 

<ゴルフグローブは消耗品と考えましょう>

ゴルフグローブのお手入れと洗濯の仕方についてお伝えしました。

洗濯をすることで確かにゴルフグローブは傷んでしまうのですが、元々皮革製品であるゴルフグローブは消耗品です。

長く使うことを考えず、安価なものを購入し、洗濯して綺麗に保ちながら短いスパンで買い換える、と割り切るのも一つの考え方です。

ぜひ自分に合った方法で、ゴルフグローブを使ってみてくださいね!

 

ライター:柚木

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る