キャロウェイアパレルのゴルフウェア、歴史、アイテム、価格、コーディネート情報

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

■キャロウェイアパレルとは

http://callawayapparel.jp/golf/

キャロウェイアパレルは、アメリカの有名ゴルフクラブメーカーであるキャロウェイゴルフの中でも、日本でのゴルフウェア販売権利を株式会社サンエー・インターナショナルが獲得したことから始まったアパレル事業です。

キャロウェイゴルフという太いバックボーンと、斬新なデザイン、そして石川遼プロ、深堀圭一郎プロ.藤田光里プロなど、人気のあるプロゴルファーとのウエア契約などが話題を呼んでいます。また、キャロウェイアパレルでは、半年ごとにシーズンテーマを変更しており、それぞれのテーマに沿ったモチーフやイラストを大胆な形で表現するデザインで、シーズンテーマが変更になるたびに話題になっています。

 

■キャロウェイアパレルの元となるキャロウェイゴルフとは

キャロウェイゴルフは、アメリカのゴルフクラブメーカーです。1982年にスタートしたブランドです。

代表作は大型メタルウッドの「ビックバーサ」です。このビックバーサは、1992年のLPGA ツアー、PGA ツアー、ホーガンツアーでプロの使用率ナンバーワンのウッドとなりました。

さらにこの年、キャロウェイゴルフはゴルフメーカーとしては初のニューヨーク証券取引所へ上場します。

キャロウェイゴルフの日本法人に当たる「キャロウェイゴルフ株式会社」は、1996年に設立され、日本国内でのキャロウェイゴルフ商品の販売を取り扱っています。

 

■キャロウェイアパレルのコンセプト

http://callawayapparel.jp/golf/

「キャロウェイアパレルのコンセプトは、全てのゴルファーをファッショナブルにサポートし、着る人と見る人ともに魅力する」という事です。

ゴルフと他のスポーツの大きな違いは、その楽しみ方の一つに「装う」という楽しみ方があるということです。多くのスポーツは試合になるとそのチームのユニフォームや、そのスポーツの専用のスタイル(柔道であれば道着、水泳であれば水着など)に着替えます。

しかし、ゴルフはそうではありません。ファッションも含めてゴルフなのです。そのような意味で、自分自身のスタイルに合うゴルフウェアを着こなすことは、ゴルフの楽しみのひとつ。ゴルフを「人生をハッピーにするためのスポーツ」と考えた際に、ファッションはとても重要な要素になるとキャロウェイアパレルは考えています。

 

■キャロウェイアパレル4つのレーベル

キャロウェイアパレルは、4つのレーベルを持っていて、それぞれコンセプトが異なります。

1つ目が、プロも愛用する究極のウェアラブルギアである「CALLAWAY LINE」です。ゴルフウェアの観点から、どうすればゴルファーが高いパフォーマンスを発揮することができるのかということをテーマに作られた、ストイックなレーベルです。伸縮性や通気性、UV カットなどといった機能面を充実させるとともに、デザインもスタイリッシュで、普段着としても使える万能性を持っています。そのため、キャロウェイアパレルを代表するラインになっています。

2つ目が「RED LABEL」です。キャロウェイアパレルの契約プロと共同開発した、最も高級なラインです。世界で活躍するトッププロがツアーで着用しても満足できるようなゴルフウェアとしての最高の機能を装備しています。使われている素材も最高のものを使用し、デザインもファッション感度の高いものを採用しています。これまでどのゴルフウェアにも満足できなかった方でも、その欲求を満たすことができるレーベルです。

3つ目が、しっかりとした自分の考え方を持っている大人向けのレーベルである「COLLECTION LINE」です。美意識の高い方を満足させるクオリティーとデザインを特徴としています。

4つ目が「CALLAWAY BEAR」です。女性向けのレーベルであり、小さなクマのキャラクターがトレードマークになっています。ポップで可愛いデザインが特徴で、元気に明るくゴルフを楽しむ女性を、さらに魅力的に引き立ててくれます。

 

■キャロウェイアパレルの契約プロは?

キャロウェイアパレルを代表する契約プロといえば、石川遼プロです。

ゴルフに詳しくない人でも、「ハニカミ王子」という愛称で呼ばれてい石川遼プロをご存知の方も多いでしょう。15歳でのツアー史上最年少優勝記録を樹立し、社会現象になりました。高校在学中の16歳でプロに転向し、その年の11月にはプロ初優勝を飾り、賞金ランキング5位に入るという活躍を見せました。翌2009年には、史上最年少の賞金王に輝き、2010年の「中日クラウンズ」で記録した「58」というストロークはギネス記録となっています。日本を代表するプロゴルファーといえるでしょう。

もう1人のキャロウェイアパレルの契約プロは、深堀圭一郎プロです。タレント性が高く、テレビに出演したり、ゴルフに関する書籍を何冊も発行していたり、幅広い活躍をしています。そのクリーンなイメージとキャラクター、実力などが認められ.2007年に日本ゴルフツアー機構の選手会長に就任しました。

また、女性の契約プロとしては藤田光里プロがいます。女子プロゴルファー屈指の美女ゴルファーです。ジュニア時代から妹の藤田美里さんと一緒に活躍し、美人姉妹として注目を集めていました。その妹さんは現在モデルとして活躍しています。

 

■キャロウェイアパレルがおすすめな人

http://callawayapparel.jp/golf/

キャロウェイアパレルは、ゴルフコーディネートにもう少し攻めの姿勢をとりいれたいという人におすすめのブランドです。キャロウェイは、ゴルフプレイヤーの中では知らない人がいないほど有名で信頼感のあるブランドです。そのため、胸元にキャロウェイのロゴが入っているだけで、多少斬新なコーディネートで攻めたファッションをしていても、ゴルフ場では説得力があるファッションになるのです。普段のゴルフで代わり映えのないコーディネートや、地味なコーディネートを続けていて「そろそろイメチェンをしたいな」と考えている方には特におすすめできるゴルフウェアブランドです。

 

■キャロウェイアパレルのおすすめアイテムとコーディネート

そんな安定感のあるブランドであるキャロウェイが発表する、キャロウェイアパレルのメンズ・レディースのアイテムと、ゴルフコーデをご紹介します。

 

・ミックスボーダー 鹿の子ハイネックシャツ(WOMENS)

https://store.tsigs.com/product/241715580403002

ポップなデザインと胸元のロゴが印象的なレディースハイネックシャツです。「GOLF CON AMIGO」という文字はスペイン語で「友達とゴルフをする」という意味です。2017年のSpring &Summer のシーズンテーマは「Golf With Frends」です。シーズンテーマを直接的に表現したアイテムだといえるでしょう。ホワイト、パープル、レッド、グリーンの四色があり、価格は9180円です。

 

・ダブルメッシュ ポロワンピース(WOMENS)

https://store.tsigs.com/product/241711380012003

個性的なデザインのワンピースです。腰の部分にはベルトのような形でストライプが入り、スカート部分がブロックチェックになっています。上半身はシンプルにポロシャツのようなデザインになっているため、ワンピースなのですが全身がコーディネートされているような印象を与える1枚です。吸水速乾性に優れた素材を使用しているため、夏場のラウンドで汗をかいても、さらさらの着心地をキープすることができます。1着でコーディネートが完結する便利なアイテムです。価格は1万6200円です。

 

・シェブロンドビー 4WAYフルジップブルゾン

https://store.tsigs.com/product/241711050112003

キャロウェイらしさのある、シンプルなデザインのメンズブルゾンです。シンプルながらもフード部分と袖部分の取り外しが可能で、4WAY仕様になっています。撥水性、ストレッチ性が高く、動きやすいため、スイングの邪魔にもなりません。長く使える定番の1着です。価格は1万4040円です。

 

・ぶどうJQニットベスト(WOMENS)

https://store.tsigs.com/product/241716130003003

ぶどうのデザインが印象的な薄手のニットベストです。

ニットの編み目やロゴなどの細部にまでこだわって作られており、高級感がある仕上がりです。メッシュ調の網目になっているため通気性が高く、伸縮性もあるため、中に重ね着をしていてもごわつきません。個性を出したい時におすすめです。価格は1万6200円です。

 

■まとめ

https://store.tsigs.com/callawayapparel/coordinate/

キャロウェイアパレルの特徴やコンセプトについて、ご理解いただけたでしょうか。

ゴルフウェアとして定番のコーディネートで、しっかりとした作りのものを持っておきたい場合や、少し攻めたコーディネートに踏み出してみたいという場合におすすめのブランドです。

そこまで価格は高くありませんので、セレブなハイブランドにステップアップする前のクッションブランドとしても使用できるでしょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る